乾燥肌の頭皮ケア

乾燥肌とは
乾燥肌とは皮膚表面の水分を維持する力が弱く、肌が乾いてカサカサの状態になってしまっていることです。乾燥肌と一言で言っても、症状の程度にはそれぞれ個人差があります。軽度の乾燥肌ならば肌に軽い痒みを覚えるだけで済みますが、重度の乾燥肌になると肌にひび割れが生じ、亀裂から血が滲み出てくることもあるほどです。一般的に肌の手入れに必要不可欠とされる入浴も辛くなり、浴槽に浸かるとお湯が肌を突き刺すような痛みを覚えます。乾燥肌は体質、生活習慣、ストレスなど、さまざまな原因によって引き起こされます。また、空気が湿っている夏場よりも、空気が乾いている冬場の方が乾燥肌になりやすい傾向にあります。乾燥肌の人は頭皮のバリヤ機能も失われているため、髪が抜けやすく、髪が生えにくく、その結果として薄毛になりやすいです。生まれついての乾燥肌であり、薄毛になるのは仕方ないと諦めている人もいるかもしれません。しかし、乾燥肌を悪化させる要因を排除することで、かなり肌質と髪質を改善させることができます。

乾燥肌の頭皮ケア
間違った髪の洗い方をしており、知らず知らずの内に頭皮にダメージを与え、乾燥させてしまっているという人は非常に多いです。ただ、一生懸命に頭皮を洗うだけでは頭皮の乾燥肌は改善されません。むしろ、頭皮に刺激を与え過ぎると保湿成分を持つ皮脂まで洗い落としてしまったり、肌の角質層を傷めてしまったりするため、余計に乾燥肌を悪化させることになります。乾燥肌の人は乾燥によってフケが多く出るため、髪を必要以上に洗い過ぎる傾向にあります。髪を洗う時は優しくマッサージをするように行うことが大切です。また、一日の内、何度も髪を洗うようにしているという人も少なくありませんが、頭皮も髪もそれほどすぐ汚れるものではなく、一日数回の洗髪はただダメージを蓄積させてしまうだけにしかなりません。どうしても繰り返し洗いたいという人はシャンプーを使うのは一度きりにして、それ以外は微温湯だけを使うようにするといいでしょう。

シャンプーを見直してみる
乾燥肌の人の頭皮はデリケートであり、シャンプーが合わないと乾燥肌が悪化してしまうこともあります。一般的に、シャンプーにはボディソープよりも洗浄力が強く、乾燥肌の人は特にシャンプーについては慎重に選ぶ必要があるといえるでしょう。乾燥肌の人には、防腐剤や香料を使用していない無添加シャンプーがおすすめです。また、近年ではアミノ酸系の界面活性剤を使用した超低刺激のシャンプーなども発売されています。