シャンプーを使った頭皮ケアには間違いが多い

シャンプーの使い方が薄毛を引き起こすことも
日本人の多くは毎日風呂に入っており、毎日シャンプーで髪を洗っているという人も少なくありません。しかし、シャンプーの正しい使い方というものはあまり知られておらず、知らず知らずの内に頭皮の傷つけ、弱らせてしまっている可能性があります。頭皮が傷つくと髪の毛を支えられなくなるので髪が抜けやすくなり、抜け毛の原因になります。また、頭皮が弱ると十分な栄養が隅々まで行き渡らなくなるのでしっかりとした髪が生えにくくなり、枝毛や切れ毛の原因になります。

シャンプーの間違った使い方
まず、シャンプーを大量に使用するのは頭皮にとってよくありません。シャンプーは界面活性剤が含まれており、シャンプーを大量に使用するとこれが洗い流されないまま頭皮に残ってしまう可能性があります。そうなると毛穴が詰まってしまい、頭皮環境の悪化に繋がります。髪にコシやハリがないと少量のシャンプーではしっかりと泡立たず、ついつい使用量が増えがちですが、泡で覆わなくても頭皮は十分に綺麗になります。シャンプーを髪に直接塗付するのもよくありません。

本来、シャンプーは頭皮の油汚れを取るものであり、髪に対して使用するものではないのです。髪に付着している汚れはホコリくらいのものであり、これは水洗いでほとんど落とすことができます。シャンプーは一度手の平で泡立て、頭皮に揉み込むようにして使います。また、乾いた頭皮にいきなりシャンプーをつけるより、一度軽く流し、ブラッシングをしてから使う方がよく馴染みます。

冬場などは洗髪中に肌寒い思いをすることになり、熱いお湯で髪を洗い流すという人もいます。しかし、熱いお湯は頭皮へ与える刺激が強く、炎症を引き起こす可能性もあります。髪を洗う時は微温湯を使うようにした方がいいでしょう。薄毛に悩んでいる人は特に入念に髪を洗いがちなものです。しかし、あまり力を入れて頭皮を擦ると頭皮が傷つき、頭皮環境の悪化を引き起こすことになります。
特に女性は血行が悪くなりがちなので、シャンプーだけでなく育毛剤の使用も視野に入れることをおすすめします。育毛剤の選び方は以下のサイトが参考になりました。
育毛剤(女性)ランキング

また、痒いところに爪を立てて引っ掻くと気持ちがいいものですが、それもまた頭皮が傷つく原因になります。髪を洗う時は指の腹を使い、優しくマッサージするように洗うのが望ましいです。

知識が髪を育む
シャンプーを正しく使うことに技術は必要ありません。知識を学びさえすれば、子供でも高齢者でも実践することができます。以上のことに気をつけ、健康的な頭皮ケアを実践していきましょう。